1月12日(日)まなびCANにて、2014年旗びらきをおこないました。

村瀬裕也会長のあいさつの後の記念講演は「史的唯物論の現代的課題」と題して、牧野広義さん(労働者教育協会副会長・阪南大学教授)から、マルクスの『経済学批判』「助言」をもとに、マルクスの科学的精神と変革の精神を学び、それをいかに現代に生かすのかをお話ししていただきました。

あらゆる難問が降りかかってきている今の現状を打開しようとするならば、学習して確信をもって行動することだと思いました。

2014旗びらき